【かぶれ.com】漆かぶれ

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kabure21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは漆によるかぶれについて、詳しく説明していきます。

漆と聞くと日本の伝統工芸の世界を思い浮かべる方も多いと思います。漆は日本にとって歴史がかなり深く、なんと縄文時代から利用されていたと言われているほどです。昔は接着剤としての役割で使われていたこともあるようです。
漆はご存知の方も多いとは思いますが、ウルシ科の植物の中でもウルシノキやブラックツリーから採取した樹液を加工した塗料です。この樹液に含まれるウルシオールという成分が、アレルギー反応を起こします。これが漆によるかぶれです。
漆のかぶれは個人差があるとはいえ症状が強い場合が多く、数日に渡って強い痒みと腫れが伴います。塩を擦り込んだり海水に浸けるなどの民間療法は多数ありますが、基本的にかぶれた場合は皮膚科へ行くのがベストでしょう。抗ヒスタミン剤の含まれるステロイド系軟膏が効果的です。


⇒ オムツかぶれ

⇒ 毛虫かぶれ

⇒ マンゴーかぶれ

⇒ 金属かぶれ

【かぶれ.com】TOP

copyright©2011  【かぶれ.com】〜オムツ・毛虫・漆などのかぶれ〜  All Rights Reserved