【かぶれ.com】刺激性かぶれ

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kabure21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここではかぶれの中でも刺激性かぶれについて、詳しく説明していきます。

かぶれについて説明した通り、かぶれには刺激性のものとアレルギー性のものとがあります。
刺激性かぶれはある化学物質が皮膚に付着した際に、その化学物質が皮膚に刺激を与えた時に起こるもので、毒素が強く刺激が強い即効性があるものは急性毒性接触皮膚炎、弱い刺激が繰り返し起こることで発症する慢性刺激性接触皮膚炎と呼ばれ分類されています。

急性毒性接触皮膚炎の原因となるものは、酸やアルカリといった化学物質が主で、家庭用洗剤などでも強力なものを誤って使用した場合は、毒性は強く刺激も強くなりすぐにかぶれてしまうことになってしまいます。
慢性刺激性接触皮膚炎は、肌着などの摩擦であったり、シャンプーやリンスなどの刺激の弱いものでも皮膚の弱い人は、頻繁にまた長時間使用している内に起きることがあります。

ちなみに赤ちゃんのオムツかぶれは、オムツカバーなどのゴム性のアレルギーでかぶれる場合よりも、おしっこに含まれるアンモニアの弱い刺激が長時間または連続することで起こる方が大半です。


⇒ アレルギー性かぶれ

【かぶれ.com】TOP

sponsored link


copyright©2011  【かぶれ.com】〜オムツ・毛虫・漆などのかぶれ〜  All Rights Reserved