【かぶれ.com】オムツかぶれ

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kabure21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは赤ちゃんのオムツによるかぶれについて焦点を当てて、詳しく説明していきます。

赤ちゃんのお尻は非常にデリケートです。オムツに用を足した後長時間履き続けていると、おむつの中の湿度は非常に高い状態になります。湿度が高くなると皮膚がふやけてとても傷付きやすくなります。そんな状態のお尻がおしっこやうんちに含まれる酵素や尿素、細菌カビなどに刺激されることでかぶれが起こります。これがオムツかぶれです。この他にも、オムツの繊維やゴムなどが原因となる場合もあります。
オムツかぶれの症状は、オムツが皮膚と接触している部分が炎症を起こし赤くなります。ブツブツと発疹が出来てただれてしまい、ひどくなると真っ赤に腫れ上がり触るだけですごく痛がります。
まずはこうなる前にオムツを清潔に保ってあげるのが最大の予防になります。またお尻を拭いたあとはしっかりと乾かしてからオムツを履かせてあげるのが良いでしょう。
症状がひどい場合や長引く場合は、小児科か皮膚科に行き医師の診察を受けましょう。炎症を抑える軟膏などを処方をしてくれます。ただし、一番の治療は日頃のケアです。常日頃からオムツの状態を気にしてあげましょう。


⇒ 毛虫かぶれ

⇒ 漆かぶれ

⇒ マンゴーかぶれ

⇒ 金属かぶれ

【かぶれ.com】TOP

copyright©2011  【かぶれ.com】〜オムツ・毛虫・漆などのかぶれ〜  All Rights Reserved