【かぶれ.com】毛虫かぶれ

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kabure21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは毛虫によるかぶれについて、詳しく説明していきます。

子供の頃はよく校庭や公園などで毛虫を見かけたものです。「毛虫に向かっておしっこを飛ばしてはダメ!」など色々と言われたのも思い出しますね。毛虫を触ることは私自身ほとんど無かったものと記憶していますが、その頃の友人は触っている子もいて、毛虫を触ってかぶれたという事も昔はよくありました。
日本に生息するドクガ科の毛虫には毒針毛と呼ばれる毒性を持つ毛があり、非常に刺さりやすいので少しでも触れるだけで皮膚に刺さってかぶれて痒くなります。直接触っていなくても、服に付着した後に肌に接触するという場合もあります。木や葉などを触っただけなのにかぶれるという場合も、毛虫の毛が理由かもしれません。
ドクガ科の中でも有名なのはチャドクガという毛虫で、サザンカや椿の木に付いていて黒と茶色でよく見かける一番有名な毛虫です。皆さんも一度はみた経験があるのではないでしょうか?

毛虫に刺された後は、水でよく流しセロテープを使って刺さった毛を取り除くといいでしょう。しばらくすると自然に治っていきますが、あまりに症状がひどかったり長引く場合は皮膚科で診てもらいましょう。治療薬は痒みを抑えるための抗ヒスタミン剤の含まれるステロイド系軟膏などが効果的です。


⇒ オムツかぶれ

⇒ 漆かぶれ

⇒ マンゴーかぶれ

⇒ 金属かぶれ

【かぶれ.com】TOP

copyright©2011  【かぶれ.com】〜オムツ・毛虫・漆などのかぶれ〜  All Rights Reserved